外付けディスプレイをどう使いこなす?

最近、外付けディスプレイという声を聞きますが、果たして外付けディスプレイをどのように使用しているのでしょうか。

とても気になる問題です。

外付けディスプレイという発想があれば、こんな有効的な使い方が出来てしまうのです。あなたも是非、参考にしてみまてはいかがでしょうか。

ノートパソコンに外付けディスプレイを使用する方法

例えば、外付けディスプレイは、このような使い方をします。

外付けディスプレイという発想によって、ノートパソコンの可能性もぐんぐん広げることができます。

ノートパソコンは、おおかた、外部ディスプレイ出力の端子を備えています。そもそも、そのようなものがなんでノートパソコンに備わっているのでしょうか。

それは、ノートパソコンを外付けディスプレイで利用しなさいとメーカーが言っているようなものではないでしょうか。

外部ディスプレイ出力をしっかり使いこなせば、ノートパソコンで再生する映像を家庭の大画面テレビに出力することができますし、個人的問題ではなく、会社でも、プロジェクターを接続してプレゼンテーションに悠々と活躍させることができます。

とても、aggressiveなことをしているような感じもするのではないでしょうか。

そのような生き方も、それぞれの人たちのちょっとしたアイデアで出来てしまうのです。

大画面・高解像度で使えて利便性が大幅アップ

ノートパソコンで、外付けディスプレイを利用するメリットは、大画面かつ高解像度のデュアルディスプレイ環境を即実現することができる点です。

標準的な据え置き型ノートPCは、本体内蔵の液晶ディスプレイが13型~15型程度です。

それに慣れてしまっている人たちが多いのかもしれないですが、普通に考えると小さいことは小さいですよね……。

それでも仕事は出来るというのかもしれないですが、そのような姿勢では、あなたの発想もみみっちいものになってしまうのではないでしょうか。

もっと大画面で、仕事と向き合うことで、おおらかな、フレキシィブルな発想をすることができるようになります。

そして、デュアルディスプレイの広大な作業領域を使えば、複数のアプリケーションを同時に並べてスムーズに利用したり……ということが充分可能なのです。

実際には、外付けディスプレイは、画面を大きくするためだけにあるのでは全然ないのです。もっと、あなたの仕事も効率よにく進めることができる方法なのです。

関連記事