業務用ディスプレイとは

オフィスで現在、当たり前に使用されているものは、モニターであり、パソコンディスプレイです。

会議用のモニターとして使用されることもあり、 食堂や休憩室のテレビモニターが設置されていることもあります。

では、「業務用ディスプレイ」とはどのようなものをいい、どのような効果を期待することができるのでしょうか。

業務用ディスプレイとは

業務用ディスプレイとは、放送業界、映像関係、広告代理店、デジタル系デザイン……の映像に関与した業種で使用されるものです。

ただし、一般的企業でも、業務用ディスプレイは利用されています。また、家庭でもディスプレイが多く使用されていますが、そのようなディスプレイと、業務用ディスプレイとの大きな違いは、【色の再現性】にあります。

なぜ、色の再現性に違いが出て来なければならないのかといえば……。複数の人たちがひとつの作品に関して関わりを持つようなシーンで、それぞれのディスプレイで表示のカラーが違うことで、映像とか画像を制作している立場として、いろいろな不都合が出てきてしまうでしょう。

実際に、普段家庭でディスプレイを使用するという場合、そこまで、カラーに対して拘りを持つ必要がないケースがほとんどです。

まず、業務用ディスプレイの定義としては、 映像制作会社、テレビ業界、デザイン、IT企業という存在があり、そのような場所で仕事に関わる人たちが求めているハイスペック仕様である必要があります。

業務用ディスプレイは、そのような意味では、プロフェッショナルユーズである必要があります。

店舗や、オフィスでは、果たして業務用ディスプレイが求められているのかと言えば、それもそこまでのディスプレイが要求されている訳ではありません。 

業務用ディスプレイが使用されるシーンは、放送業界だったり、デザイン業界、またIT企業、公共施設(駅、空港など)とか、医療機関や航空関係というシーンにおいてです。
業務用ディスプレイは、基本、パソコンディスプレーや、会議用モニター、宣伝用サイネージ、娯楽用TVとしてではなく、 映像制作
のため、デザイン制作や動画編集、CG加工、宣伝用サイネージ、医療用、航空管制用として使用されます。

業務用ディスプレイに求められているものは、高解像度・高画素密度です。

家庭用ディスプレイといういい方も頻繁に聞くことがありますが、おおかた、テレビ、パソコンに使われるものです。しかし、もうちょっとハイスペックで、高額なのが業務用ディスプレイです。