業務用ディスプレイの種類

業務用ディスプレイを購入したいと思っても、業務用ディスプレイは、家庭用ディスプレイよりもスペックが高く、基本高額です。

しかし、一般企業で、店頭でディスプレイを活用しようと思うときも、より正確な情報をクリアに伝達しなければならないから、業務用ディスプレイを購入しようというモチベーションが起こるかもしれません。

業務用ディスプレイの種類

そこで、業務用ディスプレイには、どのような種類があるのかということもチェックしておきたい問題です。

まず、業務用ディスプレイには、サイネージ用があります。サイネージ用は、空港、公共施設でのディスプレイや広告宣伝用としての用を持っています。

サイネージでは、大画面表示、耐久性など重要視されています。

サイネージ用のものが欲しいという場合、普通には業務用ディスプレイとして購入することができます。

また、クリエイティブワークに特化した業務用モニターは専門メーカーによって購入することができます。

一方で会議用のものにがあります。

タッチパネルやワイレス、パソコンとの互換性……なども大事なポイントです。

業務用ディスプレイは、映像処理用として活用されています。もっともレベルの高い業務用ディスプレイが求められている場所です。

画像処理ワークに特化したプロフェッショナルの機種が要求されることになります。

業務用ディスプレイの値段はどの程度か……?

店頭でディスプレイを活用したいと思っている人たちも、よりスペックの高い、業務用ディスプレイがいいと考えるかもしれません。

しかし、問題は、やっぱり価格ではないでしょうか。

一般的ディスプレイを購入しようと思えば、 価格はだいたい7万~20万円前後あたりではないでしょうか。

しかし、やっぱり業務用ディスプレイは、スペックが上です。購入価格も、30万~100万、200万円以上してしまうことになります。

業務用ディスプレイとそうでないものは、やっぱり価格的には、相当差があることはすぐにわかるでしょう。

業務用ディスプレイは、解像度4KあるいはフルHD、色の再現性を決める表示色は10bit、パネルタイプはIPS液晶、広色域対応:Adobe RGB……いろいろ価格が高くなる要因はあります。

しかし、多くの店舗ではなかなかそのようなディスプレイを購入することができないとすれば、業務用ディスプレイを購入して、広告展開するのも売る方法なのかもしれません。

敢えて言えば高額でも業務用ディスプレイは、決して購入できないという価格ではありません。