液晶ディスプレイの注目ポイント

液晶ディスプレイを購入しようと思うとき、

・TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)

・VA方式(Virtical Alignment)

・IPS方式(In Place Switching)のうち、あなたはどれを選択するのでしょうか。

それぞれに対して、メリットデメリット、抑えるべきポイントがあります。

はじめての方々も、そのあたりまで、しっかり理解した方がいいでしょう。

液晶ディスプレイの種類

液晶ディスプレイの種類には、

・TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)

・VA方式(Virtical Alignment)

・IPS方式(In Place Switching)があります。

TN方式(Twisted Nematic Liquid Crystal)は、 大画面ディスプレイ向きではありませんが、現在、リーズナブル価格で購入できるものに対してはTN方式のものが依然あります。

VA方式(Virtical Alignment)は、 視野角や色再現性にすぐれたアイテムです。

IPS方式(In Place Switching)は、 最もメジャーな方式です。

広い視野角を持ち、色度変移・色調変化も少なめです。他の方法と比較して、応答速度が遅くて、スピーディーにするのは難しいのが弱点です。

液晶の応答速度とは?

液晶ディスプレイの選択肢の上で、検討しなければならない問題は、液晶の応答速度です。

液晶の応答速度とは、 モニター上のドットが黒から白 白から黒へ変化するのにかかる時間の事です。

応答速度が速ければ速いほど、残像が少なくなって、滑らかな表示の快適液晶ディスプレイに到達することができます。

あなたが、液晶ディスプレイをゲームやスポーツ観戦の目的で購入するという場合、非常に大事な気にしなければならないポイントとなります。

そして、多くの人たちが、どのような液晶ディスプレイの種類のものを購入するのかと言えば、 TN方式ということになります。

ディスプレイの解像度について

更に、ディスプレイの解像度について勉強しましょう。

段々と4Kが登場する時代になって来たのですが、4Kで60Hz表示するには、ディスプレイだけでなくグラフィックボードも必要不可欠です。

なかなかパソコンのことをしっかり理解していないと、ハードルは高いと感じてしまのうかもしれません。

一番普及しているのはフルHDと呼ばれる 1920×1080の解像度あたりです。

価格も段々とリーズナブルになりつつあり、いま、購入&レンタルというのならこのあたりではないでしょうか。